• 登記名義人と売主は、本当に同一人物か(代理人がいるときは本当に代理権はあるのか)
  • 売主は無能力者か?未成年、高齢者の場合契約が取り消される事があります
  • 相続物件は、登記がすんでいるか、遺産分割協議が終わっているか
  • 抵当権の抹消はだいじょうぶか(銀行、抵当権者等に確認)
  • 登記簿に仮登記等はないか(登記簿に記載されていない約束はないか)
  • 境界は明確か境界の争いはないか(越境物はないか)
  • 地積は登記簿と異なる事が多い(面積が少ない時多いとき等)
  • 一般的道路に2m以上接しているか(一般的道路と建築基準法の道路は違います
  • 水路に面した土地の場合は泥上げ場があるので確認が必要(市役所等)
  • その土地は、本当に住宅がたつのか市役所の建築指導課で確認
  • 田、畑はかってに売買できません
  • 市街化調整区域は注意が必要(分家住宅は新所有者は家が建てられません)
  • 区画整理、計画道路等の予定はないか
  • 目に見えない川、水路等はないか(公図、市役所等で確認)
  • 土地が道路にとられる(セットバックはあるのか道路の中心から2mもしくは3mの後退)
  • 水道、雑排水、汚水、はどうなっているか(他人の敷地を通っていないか)
  • 他人の配管が自分の土地を通っていないか
  • 周囲にどんな人が住んでいるか、どんな物があるのか
  • 建物の滅失登記は終わっているか
  • 騒音、振動、臭気はないか(昼、夜でちがいはないか)
  • 各種費用負担は明確か、決済日と引渡し日が異なる時の危険回避はできているか