競売不動産

不動産競売とは、債務を弁済することが出来なくなった人の所有する不動産を差し押さえて、 これを売却し、その代金を債務の弁済にあてる手続。

任意競売

不動産を購入した人が金融機関等から借り入れをし抵当権をつけお金を借りたが返済ができなくなった時、裁判所を通じてその物件を希望者に売って欲しい、その売れた代金の中から優先的に弁済を受けたい。これを競売の申し立て

強制競売

お金を借りて返せなくなったという場合お金を貸している人が借りた人の財産をさし押させますその時は、不動産に抵当権がついていなくても裁判所に対してその物件を売って売れた代金から優先的に弁済を受けたいと申し出ができます

【期間入札】

入札期間内に入札を受け付け、開札期間に開札を行って、最高価買受申出人 を定める売却方法。
不動産を買い受けたときに、買い受けた人がそのまま引き継がなければなら ない賃借権などの権利があるかどうか、土地か建物だけ買い受けたときに建物 のために地上権が成立するかどうか、占有者の有無等、権利関係が複雑に絡み 合っているケースがあり、十分な調査を必要とします。

そこで当社は物件調査から入札、物件の引き渡しまで、一切の手続を代行して行わせていただいております。物件の状況によっては、こちらからお断りさせていただく場合もあります。

競売のメリット

市場価格の2割から3割引きの値段で購入できる

競売のデメリット

買い受けてすぐにすめない物件がある
一般の不動産取引では、不動産を買い代金を支払うと名義は、買主の物となりすぐに住むことができますが競売の場合は、裁判所でお金を支払うと名義は、買主のものになりますがすぐにすむことができません

不動産の調査が事前に調査できないものがある
物件の中は見ることできず裁判所にそなえつけの写真、間取等で判断するようになる

保証金及び残代金の支払いが確実にできること
保証金は、通常売却希望価格の2割で落札できても残代金が支払えないと没収となります、 金融機関等から競売の購入の融資は、厳しく資金的に余裕があること

競売不動産代行料金について

  1. 競売の調査(占有者法的規制等、競売3点セット資料代5万円
  2. 上記で問題がないとした場合、金額打ち合わせ後、入札落札できた時落札金額の3%の手数料(調査費用5万円を引いた金額)
  3. 落札物件占有者排除後の物件引渡し時3%の手数料